家族で安心。 地域の健康を守るホームドクター

内科

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAとは、男性の最も多くみられる「男性型脱毛症」の略です。AGAは、他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の
生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方からうすくなり、進行していくのが特徴です。細くて短い髪の毛が多くなり
全体として薄毛が目立つようになります。一般的にDHTや遺伝が関係すると言われています。
※DHTとは、ジヒドロテストステロンの略で、AGAの原因物質です。

 

また、AGAは進行性で、何もしないでいると徐々に進んで行きます。
進行を抑えるためには、早めのケアが大切です。
AGAについて医療機関で相談できる時代です。
薄毛・抜け毛が気になっているなら、あきらめる前に医師に相談してみませんか?

こんな人は要注意!セルフチェックしてみましょう。

  • 家族に髪のうすい人はいますか?
  • 抜け毛が気になりますか?
  • いつごろから抜け始めましたか?
  • どの部位から抜け始めましたか?
  • 髪の毛にハリがありますか?

AGA治療体験記

※実際にお医者さんでAGA治療をうけられている方の体験談をご紹介します。(個人の感想です)

 

Cさん(匿名希望)33歳(一般企業で事務職)~治療期間:1年2ヶ月~

うす毛を意識し始めたのは、何歳くらいでしたか?

まだ若い時、だいたい22,3歳でしょうか。人から言われた事もありますし、自分自身もやっぱり「ちょっと薄くなってきたかな」っていうのはありましたね。家系的にうす毛が多いほうですし、毛の質というか、もともと細い毛なので、悩みを感じるのは比較的早かったように思います。

では、何かケアもしていたのですか?

ええ、それなりには。育毛剤とかシャンプーを変えてみたりだとか、本当にお金がかからない程度に少しはやってました。じつは植毛をしたこともあります。知り合いがそういった仕事の営業をやっていて、たまたま声をかけられて。ちょうど気になっていた時期なので「じゃあ試しにやってみようか」という感じで。 まあ、それっきりなんですけど。

悩みやコンプレックスのようなものはありましたか?

毛が細くて猫毛なので、湿度が高いと跳ねちゃったりするんです。だから毛が太くて多い人を見ると、羨ましかったですね。また、若い頃はファッションで髪を染めたいと思うことはあったんですが、髪が傷むのが心配で結局やめてしまう。そんなことの繰り返しで、コンプレックスのようなものはありましたね。

お医者さんに相談しようと思ったきっかけは?

テレビ番組を見て、それでAGAの話を聞いてですね。また、テレビCMなどを見ると「治療」というような扱いだったので、やはりお医者さんに相談に行くのが自然かなと。

他の病気とは違う緊張感のようなものはありましたか?

少し壁が厚いというか、敷居が高いというような気持ちはありましたね。ただ、待合室の人が全部が全部そうではないと思うんですが、座っているうちにみんな同じように見えてきちゃったんで(笑)それで少しは大丈夫になりましたが、やはり不安はありました。診療室に入って先生の顔を見たら安心しました。

変化に気づいたのはいつ頃でしたか?

特に劇的にという訳ではないんですけど、ちょっと変わったかなって思ったのは、だいたい9か月目くらいでしたね。朝起きた時に、鏡を見たら「あれ?なんとなく変わったかな?」という感じで、ちょっとした実感はあったんですよね。それで、たまたま1年ぶりくらいにある方とお会いしたら、「あれ、変わったね」と言われまして、その時はちょっと嬉しかったですね。ちょうどその頃は、少しやせたりとか、髪型を変えたりしたというのもあったので、それをふまえてだと思うんですけれども。でも、実際受診してみると、どうやら気のせいではなかったみたいで(笑)

心理的に変わったことって何かあるんでしょうか?

ゆとりとまでは行かないですけど、自分の中である程度の安心感のようなものは出てきたと思います。もともと仕事をはじめ、いろいろストレスというものがあるわけですが、その一部が若干和らいだというか、落ち着けるようになったというのはありますね。

★奥様のコメント

主人はもともと帽子が好きで、以前なら外出時には手放さないっていう感じだったんですよ。最近はそれが減ってきたんです。そう考えると、本人の精神状態が違うのかな、ポジティブになっているのかなと思います。 毎日顔を合わせているので、変化に気づくことは少ないのですが、やはり、一緒に病院に来て、それが少しでもわかると、やっぱり嬉しいですよね。本人もすごく喜んでいると思いますし、お小遣いの範囲内でやってくれているし(笑)

AGA治療(対処)の種類

主なAGA治療として、医療機関で受けられるもの、自宅で対処できるもの、整容的な対処などが挙げられます。

●内科的治療(薬物治療)

医療機関で処方される薬=処方薬

●外科的治療

医療機関での自毛植毛術

●整容的対処

かつら