家族で安心。 地域の健康を守るホームドクター

内科

メタボリックシンドローム

日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準

高血圧や糖尿病、高脂血症の結果おこる動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群を、「メタボリックシンドローム」という概念のもとに統一しようとする世界的な流れの中、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会の8学会が、日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準をまとめ、2005年4月に公表しました。

本診断基準では、必須項目となる内臓脂肪蓄積(内臓脂肪面積100平方cm以上)のマーカーとして、ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」とします。

1-血清脂質異常) トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
2-血圧高値 最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上
3-高血糖 空腹時血糖値110mg/dL

写真

その3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断する、と規定しています。なぜこのような基準になったのでしょうか。それは、軽症であっても「肥満(高BMI)」、「高血圧」、「高血糖」、「高トリグリセライド(中性脂肪)血症」、または「高コレステロール血症」の危険因子を2つ持つ人は、まったく持たない人に比べ、心臓病の発症リスクが10倍近くに、3~4つ併せ持つ人ではなんと31倍にもなることがわかりました。 このように、たとえ異常の程度は軽くても複数の危険因子が重複しているケースでは、動脈硬化が起きやすいのです。

日本おける死因の第一位はガンで、年間約30万人が亡くなっています。動脈硬化による心疾患や脳血管疾患による死亡は、合計すると約28万人と、ガンに次いで多くの方が亡くなっています。動脈硬化による病気で亡くなる人は確実に増加傾向にあり、近い将来、ガンによる死亡を上回ることが予想されます。高血圧、高脂血症、糖尿病は、自覚症状がなくても動脈硬化は間違いなく進行しています。症状のない病気=沈黙の病を早期に発見するためにも、メタボ健診を受けるようにしましょう。